検索キャッシュ削除サービス

検索結果に残る個人情報や誹謗中傷を消去

WEB広報では、Google(グーグル)やYahooの検索結果から、削除済みのWEBサイトや掲示板の情報を消す「検索キャッシュ削除サービス」を提供しております。料金は1件あたり6,800円(税込)です。 すでに削除された掲示板などがGoogleなどに残っているとき、当社がその情報を消去する作業を行います。

最短1日

WEB広報のGoogleキャッシュ削除サービスでは、最短1日でGoogleやYahooの検索結果から古い情報を削除することが可能です。

説明文(スニペット)が消える

当社のキャッシュ削除サービスをご利用いただくことで、GoogleやYahooの検索結果に表示される説明文(スニペット)から、該当するキーワード(氏名や会社名など)を削除し、非表示の状態にすることができます。

消えない場合は逆SEO

Googleのキャッシュから情報が削除された後も、検索結果にURLが残ってしまう場合があります。この場合は、「逆SEO」という別の対策を行う必要があります。 逆SEOサービスをご利用いただく場合は、費用は別料金になります。

キャッシュ消去の料金は6,800円~

WEB広報のGoogleキャッシュ削除サービスの料金は6,800円です。業界最安値です。

<検索キャッシュ削除の料金(Google、Yahoo)>
サイト数 料金
1件 6800円(税込)~
5件
1万9800円(税込)~

※最短1日でキャッシュ消去が可能です。
※キャッシュが消えても検索結果に表示される場合があります。この場合は、逆SEOという別の対策を行う必要があります。

検索結果から消える

スニペットの内容を更新

WEB広報の「Googleキャッシュ削除」サービスをご利用いただけば、Googleの検索結果の画面に表示される文章(スニペット)の内容が最新のものに更新されます。 その結果、削除済みの内容が検索結果からも消えます。個人名などの個人情報や会社名が、検索ページに表示されなくなります。

株式会社WEB広報へ問い合わせ

グーグルの古いコンテンツの削除

通常、一般の個人の方がGoogle検索のキャッシュ削除を行う場合、「古いコンテンツの削除」というページから行います。 本来はご自身でこのページから手続きをすれば、キャッシュが簡単に消えることが多いです。

拡散型のサイトの場合

しかし、サイトによっては、消したいページのキャッシュを削除したと思ったら、また別のページが検索結果に出てくることがあります。 そればかりか、何度消しても芋づる式に出てきて、「いたちごっこ」のような状態になることもあります。 これは、そのサイトが一つの投稿を他のページに自動的にコピーするシステムを採用していることが考えられます。 時間がかかりますが、辛抱強くキャッシュ削除をしていくことになります。

いったん削除されても復活するケース

「キャンセルされました」

また、サイトによっていったん削除しても同じページのキャッシュが復活することもあります。 いったん「削除済み」と表示されたのに、 しばらくすると「キャンセルしました」という表示に切り替わるようなケースです。この場合は、別の技術的な手法によって削除をする必要があります。

削除されているのに検索結果に出る

また、「古いコンテンツの削除」のページではキャッシュが「削除済み」になっているのに、 検索結果の画面から消えないこともあります。 こういう場合も、他の技術的な手法によって検索結果から消去する必要があります。

Yahooの検索結果も消去

ヤフーはGoogleと連動する

Yahoo検索は、Googleの検索結果をもとに作成されており、検索結果の内容はGoogleのものと同じです。 このため、Googleのキャッシュから消えれば、Yahooの検索結果からも自動的に消えることになります。 また、Googleのキャッシュ削除が技術的に不可能なケースでも、Yahooだけは消せる場合があります。

株式会社WEB広報へ問い合わせ